スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箸と筷子

2009.08.04.00:40

136  「お箸」 についてのお勉強の成果、第二弾のご紹介で~す。

 日本語では 「 (はし)」 ですが、中国語では 「筷子 (kuaizi)」 と書きます。 (文字化けする心配がありますので漢字の画像も貼っておきますね。 8 8

 箸と筷子
 基本的な単語なのに日本語と中国語ではどうしてこんなに大きな違いが生まれたのでしょうね 361 
 考えたら不思議ですね  


137  日本人は昔から外来の文化や技術を取れいれて、それをリファインして変容させるのが得意ですから 、最初、私は 「(はし)」 の字も日本人が中国から伝わった 「筷子 (kuaizi)」 の字を何らかの理由で 「 (はし)」 に変えたのだろうと推測したのですが、それは間違っていました。
 変えたのは中国人のほうだったのです363 

 中国語のウィキペディアの中でも文言版の 「維基大典」 をみると URL  のところに、 「野史」 として、

筷,讀若快。昔時好食之人,迫不及待,遂以棍棒夾食,故曰「筷」。又傳「筷」乃粵漁者創,粵語「箸」「住」同音,而「住」即「停」也,不吉,故曰「筷」,為「快」之同音字也。

 という記述がありました。

 要するに、中国には 「南船北馬」 という言葉があるように、長江から南の江南地方では人々の主な移動手段や商品の運搬手段は船でした。 それだけに 「箸」 という字は 「(船が)止まる」 という意味の 「 (zhu)」 と同じ発音なので、江南の人たちにとって、 「箸」 は不吉な文字だったのですね

 それで江南の人たちは洒落っ気を発揮して、止まるの意味の 「住 (zhu)」 と正反対の意味をもつ 「快速」 の 「 (kuai)」 と呼ぶようになったのだそうです。 そして宋か明の時代になってからは、「快」に竹冠をつけた 「筷子」 という文字が中国全土にも広まっていったのだとか

 このお話は百度百科の 「筷子」 や他のところでも同様の記述をいくつも見かけましたので、これは中国では広く認められている説みたいですね

スポンサーサイト
検索フォーム
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

王俊英

Author:王俊英
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。