スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本と韓国・朝鮮のお箸

2009.08.02.22:24

 この前、この記事 URL 2009.07.29.カレーライスの食べ方 を投稿しましたら、ポッポさんやにゃん太さん、ブファジさんから楽しい興味深いコメントをいただきました。 それがきっかけで 「お箸」 のことについて勉強できましたので、その成果を披露させていただきま~す

 先ずは世界各国のいろんなお箸。 
 下の画像はウィキペディアの  URL  に載ってた写真を180度回転させた画像です。 ですからウィキペディアにある写真と較べると箸の向きが左右逆になっていて、上下も逆になっています。 そんな面倒な小細工をしたのは、やっぱりお箸は先が左向きのほうが落ち着くからです。 もしかすると、私の感性はウィキペディアにあるこの記事を書かれた方よりも日本人化しているのかもぉ、ですね  

chopsticks 上から、日本の割り箸、
 日本の子供用箸、
 日本夫婦箸、
 朝鮮半島、
 チベット、
 インドネシア(ベトナム)、
 中国、
 台湾

 私からみ見て、いちばんユニークとおもうのは、韓国・朝鮮の金属製の平べったいお箸。 その材質といい、形状といい、日本ではありえないお箸ですね。 日本と韓国はとっても近い間柄なのに、お箸はどうしてこんなに違うのでしょうね 362


 でも、日本と韓国・朝鮮のお箸には共通点もあるのですよ。 お分かりですか 361

 答えは、日本でも韓国・朝鮮でもお箸は属人器だということ。
 分かりやすく書くと、お父さんのお箸はこれで、お母さんのお箸はこれ、太郎君のお箸はこれで、次郎君のお箸はこれという具合に、各人のお箸が決まっているのですね。

 この点では、お箸を家族で共用する中国はナイフやフォーク・スプーンを共同で使う西洋と同類なのですね  


 お箸が属人性を持つという点では日本と韓国・朝鮮は同じでも、何故そうなのかという理由を探ると、日本と韓国・朝鮮は全然異なっています。

 韓国・朝鮮では身分や男女、長幼の区別を重視する儒教思想の影響がお箸だけでなくお茶碗や汁碗にまで及んで属人性を持つようになったのだとか。 それに対して日本の場合は神道的なケガレの感覚からきてるといわれてるみたいですね。

 お箸ひとつをとっても、韓国は 「小中華」 を自称するだけあって、とっても思想的363
 それにたいして日本の場合は思想というよりは感覚といったほうがいいくらいのいい加減さ363
 
 これは面白い違いですね
スポンサーサイト

comment

Secret

お箸。

2009.08.02.22:59

朝鮮半島(韓国)の箸などが金属製というのは、確か、戦火(朝鮮戦争)の際、持ち運びに便利だったからだと聞いたことがあります。記憶違いでしたら申し訳ありません。

衛生的マナー

2009.08.03.00:00

日本人の箸作法~
直箸ゃ迷い箸ゃ箸渡しゃ舐り箸ゃ刺し箸は、注意です。

ところで、惣菜ゃ中華の時に菜箸を使ぃますね。
韓国ゃ中国では、菜箸を見掛けなかったょぅな?
中国の場合は、スプーンだったのカナ?(蓮華では無かった)
西欧なら~スプーンとフォークですが、トング的に使ぅのは難しぃですね。

No title

2009.08.03.17:37

韓国もお箸は個人持ちの属人器だったのですね。すぐ隣の国のことなのに韓国についてはf知っていることが少ないということをあらためて思いました。もしかすると韓流ファンのオバさまたちのほうが韓国についてよく知ってるのな。

No title

2009.08.06.00:42

[sot さんへ]
理由は分かりませんが、韓国・朝鮮では箸に限らず金属製の食器が好まれたような気がします。 あくまで、日本と中国と較べてのお話ですけど。


[にゃん太さんへ]
箸の作法についていえば、日本と中国では 「直箸」 に対する考えがほとんど真逆なのがおもしろいですね。。。


[てっちゃんさんへ]
たしかに、韓流ファンの方のなかにはうつみみどりさんのように韓国語を学んだりする人もいるくらいですから、なかには詳しい方もいらっしゃるでしょうね。
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

王俊英

Author:王俊英
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。